暮らす・働く

熱海を舞台に映画撮影 「NiziU」MAKOさんの姉・山口厚子さんが初主演

撮影の打ち合わせをするオカモトナオキ監督と初主演の山口厚子さん

撮影の打ち合わせをするオカモトナオキ監督と初主演の山口厚子さん

  • 45

  •  

 熱海を舞台にした中編映画「いつか来ない未来に」の撮影が4月1日、熱海市内の各所で行われた。これまで多くの文化人や俳優が研さんを積んだ街で、若手俳優らが一歩を踏み出す。

ポーラスター東京アカデミーのレッスン生らが撮影に臨む

 同作は、熱海と東京を舞台に若者の視点から描く大人の青春ストーリー。監督はオカモトナオキさん、製作はcreamsoda FILM(東京都狛江市)とポーラスター東京アカデミー(港区)、撮影協力はPLAN A(熱海市上宿町)。ポーラスター東京アカデミーは、脚本家の野島伸司さんが監修する俳優の養成所で、今回が同所にとって初めての映画製作となる。出演者全員が同所のレッスン生ら。主演は、音楽ユニット「NiziU(ニジュー)」リーダーのMAKOさんの姉でモデルの山口厚子さん。山口さんにとっては初主演の作品となる。

[広告]

 撮影は、ゲストハウスMARUYA、ロマンス座カド、スナックあた美、宝亭(以上、銀座町)などで行われた。熱海を撮影場所に選んだ理由について、オカモト監督は「昨年、脚本を執筆するために熱海を訪れた。その時に、熱海で映像製作をするPLAN Aの永田さんらと出合い、企画ができていった」という。「熱海は新しさとレトロさが混じり合った独特な雰囲気の街。出会う人たちが皆さんおおらかで、自然と受け入れてくれた。そういう街や人から受けたインスピレーションで、作品を作り上げることができた」と話す。

 オカモト監督はこれまで、映画製作や脚本、演技指導を手掛け、5月には「アップリンク吉祥寺」(武蔵野市)で映画「ペテロの帰り道」が公開となる。オカモト監督は「今回の『いつか来ない未来に』は映画祭に出品したい。撮影の舞台となった熱海でもイベント上映できれば。今後、熱海を舞台に『熱海三部作』を作っていきたい」と意気込みを見せる。

 初主演となる山口さんは現在、芸能事務所に所属しながら、ポーラスター東京アカデミーで日々、レッスンに励んでいるという。山口さんは「頂いている仕事で、周りの期待にしっかり応えられているかまだ不安だが、一つ一つを精いっぱい取り組んでいきたい。今回も手探りで、何とか皆さんに助けられてやっている」と引き締まった表情で話す。「熱海では以前、花火大会を見たことがあり、とてもきれいで感動した。撮影では熱海の商店街などの雰囲気が、地元と重なって懐かしい思いになった。本作ができあがったら、作品を通して熱海を身近に感じて、熱海に行ってみたいと思ってもらえるとうれしい」と期待を込める。

 完成は6月を予定。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース