学ぶ・知る

熱海の環境まちづくり会社がフリーマーケット 「ゴミ問題を考えるきっかけに」

ゴミ問題について解説する光村智弘副社長

ゴミ問題について解説する光村智弘副社長

  • 21

  •  

 熱海で環境問題に取り組む「未来創造部」(熱海市渚町)が4月17日、「くるくるフリーマーケット」を開催する。

フリーマーケットの会場となる「エムズ熱海ビル」

 会場は同社が拠点を置く「エムズ熱海ビル」(渚町)。限定10店が出店し、出店者は熱海市民のみ。出店者を募集しており、同社で申し込みを受け付ける。同イベントは初開催。開催の背景について、同社の光村智弘副社長は「熱海は住民一人当たりのゴミの排出量が多い。ゴミ問題を考えるきっかけになれば」と話す。

[広告]

 「未来の子どもたちに、きれいで楽しい地球を残す」というミッションを掲げ、環境問題を考える研修や海洋プラスチックゴミの回収プロジェクトなどを行う同社。枝廣淳子社長が徳島県上勝町のまちづくりをサポートしている一環で、光村さんが視察のために同町を訪れた際、環境問題への取り組みに感銘を受けたという。光村さんは「上勝町は、ゴミをゼロにすることを目標に廃棄物を減らす活動『ゼロ・ウェイスト』に全国でも先進的に取り組んでいる。町内にはゴミの回収と再利用を促す施設がある。こういう場所を熱海にも作りたいと思った。すでに当社が運営するカフェでも始めていることはあるが、今後、イベントも活用しながら、市民が不用品を捨てずに循環する場所や機会を作っていきたい」と話す。

 光村さんによると、「日本人の一日のゴミの排出量は、1人当たり約918グラム。熱海市は多く、1人当たり約1745グラムにもなる。事業系のゴミも生活系のゴミも多い」という。今後について、「行政とも連携して、ゴミを捨てない暮らし、物を大事に生かし合う街を目指したい。一過性のイベントにならないように、継続して実施しながら、分かりやすく市民に伝えていきたい」と意気込みを見せる。

 開催時間は11時~17時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース