暮らす・働く

熱海・今宮神社で「えびす市」 露店や縁日、子どもの声にぎやかに

第3回「今宮えびす市」の様子

第3回「今宮えびす市」の様子

  • 23

  •  

 第3回「今宮えびす市」が11月27日、今宮神社(熱海市桜町)で開かれた。

挨拶する実行委員会の山崎登史委員長(関連画像6枚)

[広告]

 30年ほど前までは毎年開かれていたという同イベント。地域の交流と活性化を目的に2020年、熱海市西部地区町内会長連合会が開催を再開した。

 当日は、境内に地元飲食店の露店やハンドメイド作家の展示販売、占いなどが並び、多くの住民でにぎわった。「ボッチャ」や「モルック」というスポーツ体験、ヨーヨーや輪投げなど縁日のコーナーも用意され、子どもたちの元気な声が境内に響き渡った。

 今宮えびす市実行委員会・委員長の山崎登史さんは「年々、出店数も増えてにぎやかになってきている。地域の子どもたちが神社に来るきっかけになれば。今後も定期的に開催して、神社が地元の人同士の接点になれれば」と話す。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース