食べる

熱海駅前に「鶴亀」 伊東から仕入れる魚介提供、昼飲み対応も

「鶴亀」をオープンした新留力店長

「鶴亀」をオープンした新留力店長

  • 27

  •  

 「鶴亀(つるき) 熱海駅前店」(熱海市田原本町)が12月4日、熱海駅前の第一ビル地下街にオープンした。

鮮度にこだわった刺し身を提供(関連画像3枚)

[広告]

 飲食店での経験や趣味の料理を生かして新留力さんが店長として開業した同店。新留さんの母親が中央町で経営する「おばんざい 鶴亀」の駅前店になる。

 店内にはカウンター席とテーブル席合わせて12席を用意。元々は飲食店だった物件を生かし、居抜きで出店した。開業の経緯について、新留さんは「熱海駅周辺には居酒屋が少なく、駅前で気軽に昼間からお酒を飲める店にしたい」と話す。

 こだわりについて、新留さんは「当店を経営する伊東の鮮魚店が直接伊東港から仕入れた新鮮な魚を提供。その日に取れた魚によってメニューを変える」と話す。メニューは、刺し身やつまみのほか、今後はランチメニューや週末限定で「海鮮パフェ」の提供も予定する。

 新留さんは「熱海駅に来たら鶴亀に行こうと思ってもらえるように、まずは店のことを多くの人に知ってもらえれば」と話す。

 営業時間は11時~19時。火曜定休。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース