見る・遊ぶ

熱海駅前に「プリンス スマート イン 熱海」 ICTやAI技術導入した次世代型ホテル

「プリンス スマート イン 熱海」のデジタルサイネージ

「プリンス スマート イン 熱海」のデジタルサイネージ

  • 37

  •  

 ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(熱海市春日町)が4月21日、熱海駅前に開業した。経営は、プリンスホテル(東京都豊島区)。

JR熱海駅徒歩3分に位置する「プリンス スマート イン 熱海」

 JR熱海駅から徒歩3分の伊豆箱根バス熱海営業所の跡地だった場所に位置する。延べ床面積は約3499平方メートル、地上8階建てで、客室数は125室。ツインルーム=70室、ダブルルーム=54室、ユニバーサルルーム=1室を備える。宿泊者の朝食スペースも兼ねる1階のカフェは、宿泊者以外にも開放する。当初は昨年夏に開業を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて開業を延期していた。

[広告]

 「プリンス スマート イン」は、同社が「ニューノーマル社会における新たなホテル」と位置付ける新ブランドで、昨年10月に東京・恵比寿に開業した「プリンス スマート イン 恵比寿」に続く2号店。ICTやAI技術を導入し、スマートフォンのアプリによる予約、入室などが可能。顔認証のチェックイン機能も初めて導入する。客室には、多言語対応スマートスピーカーやスマートミラーも設置し、館内案内や音楽プレーヤーとして利用できる。非対面、非接触でのサービス提供を目指し、宿泊料金の支払いやコインランドリーの利用などもキャッシュレス決済を導入する。

 オープニングセレモニーで、西武ホールディングスの後藤高志社長は「同ホテルの開業で、静岡県内はプリンスグループにとって4つ目のホテルとなり、戦略的にも重要なエリア。大変な1年だったが、こういう時にこそイノベーションを起こして積極的にチャレンジしていきたい。プリンススマートイン熱海は、恵比寿で培ったICTやAIを駆使してさらにレベルアップしていく。特に熱海の観光客で増えているデジタル世代と合っており、時代にも適合している。地域の観光大使を目指して、地域グルメや温泉の情報も発信しながら、熱海の一員として溶け込んでいきたい」と抱負を述べた。

 ロビーにはマップ型デジタルサイネージを設置し、周辺の観光情報や飲食店の情報を検索できる。宿泊客から寄せられたお薦めの飲食店や観光スポットの情報も蓄積される仕組みとなっている。プリンスホテルPSI事業部の前田朋子部長は「熱海の魅力を私たち目線で発信していきたい」と話す。

 セレモニーに登壇した齊藤栄熱海市長は「デジタル世代に向けた新しいコンセプトの2号店が熱海ということで、熱海が重要なマーケットとして認識されている。地元企業との連携を図り、泊食分離も進めていただくことで市全体の活性化にもつながることを期待したい」と期待を込めた。

 「プリンス スマート イン」は今後、5月に京都四条大宮に開業し、2022年には那覇市、京都市中京区、福岡市での開業を予定している。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース