暮らす・働く

熱海の桜沢別荘地に一棟貸し宿泊施設「the moss」 ワーケーションに対応

桜沢別荘地に開業した一棟貸し宿泊施設「the moss」リビング

桜沢別荘地に開業した一棟貸し宿泊施設「the moss」リビング

  • 9

  •  

 熱海の高台に一棟貸し切りの宿泊施設「the moss(ザ・モス)」(熱海市桜木町)が4月15日、開業した。運営は不動産ディベロッパーのサジェスト(東京都渋谷区)。

「the moss」の外観(関連画像12枚)

[広告]

 「72(ナナジュウニ)」のブランドで熱海市内で2棟の宿泊施設を運営する同社。いずれも一棟貸しの宿泊施設で、施設を拠点に伊豆半島の旅行を楽しんでほしいと「HUB A NICE TRIP」をコンセプトに掲げる。同社の野口真里亜さんは「熱海・伊豆エリアは、1泊の旅行では足りないくらい魅力的な場所。施設を拠点に2泊3日=72時間楽しんでほしい」と話す。

 同社によると、熱海で別荘の売買仲介やリゾートマンションの販売をする中で、居住者のライフスタイルの変化を感じてきたという。特にこの数年は、コロナ禍でワーケーションやテレワークのニーズが増えたことから、仕事しやすい空間や設備を整備するなどして、運営する宿泊施設もライフスタイルの変化に対応してきた。

 今回オープンした「the moss」は、熱海の市街地や相模灘を見渡す高台の桜沢別荘地にある。個人所有の別荘を買い取って改装。外観、内装、間取りなどをフルリノベーションした。

 敷地面積は1750平方メートル、延べ床面積は460平方メートル。定員12人。5LDKに3つのバスルームがあり、全ての部屋から海を望める。熱海海上花火大会を見ることもできる。キッチンには調理設備や器具をそろえるほか、テラスでバーベキューを楽しめるグリル設備を貸し出す。

 企業の利用やワーケーションも想定し、Wi-Fiやプロジェクター、大型スクリーンを備える。全室にデスクやカウンターテーブルを備え付け、仕事しやすい環境を整備した。今後、ランニングマシーンやヨガマットを備えるリバイタルルームも整備する予定という。

 開業から約1カ月がたち、宿泊者の満足度は、施設や設備の充実、開放的な空間などで高いという。今後について、野口さんは「引き続き自分たちだけの空間を楽しむことができるバケーションレンタルを市内の3施設で提供していきたい」と話す。今秋には、熱海海浜公園前に宿泊施設「HOTEL MAGNET」の開業も予定する。野口さんは「リゾート地としての熱海には大きな可能性を感じている。72ブランドで新しいライフスタイルの提案をしていきたい」と意欲を見せる。

 料金はシーズンによって変動する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース