食べる

熱海魚市場で「第32回 魚祭り」 マグロ解体ショーや即売も

熱海魚市場での魚祭り(昨年の様子)

熱海魚市場での魚祭り(昨年の様子)

  • 211

  •  

 熱海魚市場(熱海市清水町)で4月11日、「第32回 魚祭り」が開催される。昨年11月に開催する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となっていた。

熱海魚市場での魚祭り・浜焼き(昨年の様子)

 魚祭りは同市場で数カ月に1回のペースで行われ、市民や観光客らでにぎわいを見せる。浜焼きコーナーと10時からの「マグロ解体ショー・即売」は行うが、地魚の詰め放題とあら汁の無料サービスは、感染症を考慮して今回は行わない。

[広告]

 飲食ブースは、山田屋(練り物など)、寺子屋キッチン(カレーなど)、そうめん次郎(そうめん)が出店する。移動販売「cafe lacicu(カフェ ラシク)」もドリップコーヒーやサワーなどを提供する。杉本鰹節商店のかつお節や乾物のほか、すし、マグロの刺し身、魚の揚げ物なども販売予定。地元の高齢者バンド「ジーバーズ」のライブもあり、会場を盛り上げる。

 熱海魚市場の宇田勝社長は「これまでのマグロ解体ショーは前側180度だけのショーだったが、今回は市場の中央を使って、360度の角度から解体を見ることができるダイナミックなショーになる。珍しい試みなので、見どころの一つに」と話す。「昨年は感染症の影響で、熱海も各イベントが中止になった。今年こそはこの魚祭りを皮切りに、ビール祭りなどの催しが開催でき、熱海がにぎやかになれば」と期待を込める。

 開催時間は9時~16時。入場無料。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース